見る・遊ぶ

天王寺動物園てんしばゲート横の新エリア、11月開業 愛称は「てんしばイーナ」に

てんしば i:na完成予想イメージ

てんしば i:na完成予想イメージ

  •  
  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)てんしばゲート横の新エリア「てんしばゲートエリア」が11月22日、愛称「てんしばi:na(イーナ)」として開業する。大阪市と近鉄不動産が9月27日、発表した。

てんしばi:na 位置図

 「てんしばイーナ」は、近鉄不動産が大阪市との協定で実施する「天王寺動物園ゲートエリア魅力向上事業」で開発。面積は約5000平方メートルで、飲食施設やアクティビティ施設、動物園グッズショップ、イベント広場などを配置する。具体的な出店テナントの詳細などは後日発表するという。

[広告]

 近鉄不動産は、同エリアと隣接する天王寺公園エンエントランスエリア「てんしば」を2015(平成27)年から管理運営しているほか、今年4月から天王寺動物園内エリアでコンテナショップ(飲食・物販)や動物飼料販売、ベビーカー貸出などの園内サービス事業も行っている。

  • はてなブックマークに追加