見る・遊ぶ

天王寺公園エントランスエリア「てんしば」、過去最多の年間440万人が来園

にぎわう天王寺公園エントランスエリア「てんしば」(3月31日撮影)

にぎわう天王寺公園エントランスエリア「てんしば」(3月31日撮影)

  •  
  •  

 天王寺公園(大阪市天王寺区)エントランスエリア「てんしば」の2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)の来園者数が過去最多となる約439万9000人だったと4月2日、近鉄不動産が発表した。

現在は「春あそび2019~春は桜の天王寺公園へ~」を開催中

 2015年10月にリニューアルオープンした「てんしば」は、大阪市との協定により近鉄不動産が管理運営する。約7000平方メートルの芝生広場を設けたほか、カフェ、コンビニエンスストア、レストラン、子どもの遊び場、フットサルコート、ゲストハウスなどが営業中。来園者数は2016年度が約379万6000人、2017年度が約419万7000人だった。

[広告]

 「てんしば」は現在、芝生広場に植樹された桜の木が開花していることから多くの人が来園。遊具など子ども向けイベント展開する「春あそび2019~春は桜の天王寺公園へ~」が4月7日まで開かれている。

  • はてなブックマークに追加