見る・遊ぶ

あべのハルカス近鉄本店で「世界の昆虫展」 カブトムシ200匹の放虫も

「カブトドーム」でカブトムシと触れ合う子どもたち

「カブトドーム」でカブトムシと触れ合う子どもたち

  •  
  •  

 昆虫の展示などを行うイベント「世界の昆虫展」が8月7日、あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)ウイング館8階「近鉄アート館」で始まった。

ヘラクレスオオカブトふれあいコーナー

 世界の珍しいカブトムシ・クワタガムシの生体24種類や、珍虫・奇虫などを展示するほか、カブトムシ約200匹を放虫する「カブトドーム」を設ける。

[広告]

 そのほか、ヘラクレスオオカブトふれあいコーナー(各回3分、200円)、小学生以下各日30人限定の昆虫が入った紙袋を釣り上げる「昆虫釣り大会」(各日10時30分~、1,000円)、カブトムシなどの景品を用意する「昆虫くじ」(500円)も展開する。

 初日は開店と同時に子どもを中心に多くの人が来場。カブトドームでは、カブトムシと触れ合う子どもたちから喜ぶ声が聞かれ、ドーム内をカブトムシが飛んで驚かす一幕もあった。

 開催時間は10時~20時(最終日は17時閉場)。入場料は、一般(中学生以上)=700円、子ども(4歳~小学6年生)=300円、3歳以下無料。今月13日まで。

  • はてなブックマークに追加