見る・遊ぶ

都会のオアシス「長居植物園」でヒマワリ1万株が見頃に 開園時間延長も

ヒマワリと一緒に自撮りする女性グループ(6日撮影)

ヒマワリと一緒に自撮りする女性グループ(6日撮影)

  •  
  •  

 大阪市立長居植物園(大阪市東住吉区、長居公園内)で現在、ヒマワリの見頃に合わせて開園時間を延長するなどのイベント「ひまわりウィーク」が開かれている。

長居植物園のヒマワリ

 同園内の面積約1000平方メートルのライフガーデンに今年は、ビンセントオレンジ約1万株、ビンセントポメロ約3000株のヒマワリを植えた。イベント期間中は開園時間を延長するほか、インスタグラムの投稿によるフォトコンテストも実施する。

[広告]

 ヒマワリが見頃を迎えことで多くの人が来園しており、女性グループやカップルがヒマワリと一緒に自撮りする様子が目立つ。見頃は8月25日ごろまでという。

 開園時間は9時30分~19時(通常は17時閉園)。月曜定休(祝日の場合は翌平日)、8月13日は臨時開園。入園料は200円、中学生以下は無料。今月18日まで。

  • はてなブックマークに追加