食べる

阿倍野・辻調グループの洋菓子店、「和歌山フルーツタルト」を通年販売

9月は有田川町産の巨峰を使った「和歌山フルーツタルト」

9月は有田川町産の巨峰を使った「和歌山フルーツタルト」

  •  

 和歌山産の果物を使った「和歌山フルーツタルト」が9月10日から、食の教育機関「辻調グループ」の洋菓子店「P.L.T.(パティスリー・ラボ・ツジ)」(大阪市阿倍野区、エコール 辻 大阪併設)で販売されている。

パティスリー・ラボ・ツジの店内

 「エコール 辻 大阪」と和歌山県は2014年から、食材のおいしさを発信する「和歌山食材テロワール事業」に取り組んでおり、学生と生産者との交流などが行われている。和歌山県は温暖で日照時間が長いという地域の特性から、年間を通してさまざまなフルーツが収穫されることに目をつけ、月替わりで旬の果物を使った「和歌山フルーツタルト」を通年扱うことになった。

[広告]

 和歌山フルーツタルトは、9月に巨峰、10月にイチジク、11月にミカン、12月にキウイフルーツ、1月に八朔、2月にイチゴ、3月に金柑を、それぞれ使う予定。収穫状況などで販売しない場合もあり。販売価格は486円(使用するフルーツによって変動あり)。

 営業時間は11時~18時。土曜・日曜・祝日定休(土曜に営業する場合あり)。