天気予報

14

8

みん経トピックス

通天閣であべ経トーク企画天王寺でキャンドルナイト

通天閣で恒例「節分福豆まき」-劇団四季「ライオンキング」キャストが参加

通天閣で恒例「節分福豆まき」-劇団四季「ライオンキング」キャストが参加

劇団四季「ライオンキング」キャストらが通天閣屋上で豆まき

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区恵美須東1)屋上で節分前の2月1日、劇団四季「ライオンキング」のキャストらが参加した「節分福豆まき」が行われた。

1階正面玄関前での豆まきには多くの人が集まった

 節分福豆まきは1957(昭和32)年から続く恒例行事で、今回が57回目。大阪府民の繁栄と幸福を願って行っているという。これまで、さまざまな分野で活躍している人が参加。2010年には橋下徹大阪市長(当時は府知事)が豆まきを行った。

 当日は、大阪四季劇場(北区)で昨年10月からロングラン公演中の劇団四季「ライオンキング」でラフィキ、ムファサ、サラビを演じる3人が舞台衣装そのままで登場し、四季・佐々木典夫会長、通天閣観光・西上雅章社長も参加した。地上約100メートルの展望台・屋上で「鬼は外、福は内」の掛け声で豆まきを行いながら、劇中と同様にラフィキがベビーシンバを抱えた。

 併せて、同塔1階正面玄関前でも豆まきを行い、多くの人が集まった。用意した豆は約5000袋で、重さは約100キロに上った。

 ムファサ役の内海雅智さんは「通天閣頂上から見た大阪の街は『ライオンキング』プライドロックから見たサバンナのように美しく活気に満ちあふれていました」と話す。

グローバルフォトニュース