見る・遊ぶ

あべのキューズモールで「百舌鳥・古市古墳群」と周辺走る鉄道のジオラマ展示

「プラレール」と「LaQ」で百舌鳥・古市古墳群とその周辺を走る鉄道のジオラマを制作

「プラレール」と「LaQ」で百舌鳥・古市古墳群とその周辺を走る鉄道のジオラマを制作

  •  
  •  

 百舌鳥・古市古墳群の世界遺産登録を記念したジオラマ展示のイベント「あべの天王寺と『百舌鳥・古市古墳群』がつながる鉄道おもちゃのジオラマワールド」が8月24日、あべのキューズモール(大阪市阿倍野区)1階イベントスペースで始まった。

古市古墳群とその周辺を走る鉄道を再現

 あべの・天王寺ターミナル周辺でさまざまな子ども向けの体験プログラムを展開する「あべの天王寺・サマーキャンパス2019」の一環。鉄道おもちゃのレイアウト制作者集団「ぷらいむでんしゃ王国」と立体知育玩具「LaQ」がコラボし、百舌鳥・古市古墳群とその周辺を走る鉄道(Osaka Metro、近鉄、JR、南海、阪堺)を、「プラレール」と「LaQ」を使ったジオラマで再現した。

[広告]

 開催時間は10時~18時。入場無料。今月25日まで。

  • はてなブックマークに追加