食べる

天王寺ミオがリニューアル 食のゾーン拡大、「紀伊國屋書店」など新規26店

新たな食のゾーン「エキうえスタンド」(イメージ)

新たな食のゾーン「エキうえスタンド」(イメージ)

  •  

 JR天王寺駅隣接のショッピングセンター「天王寺ミオ」(大阪市天王寺区)が3月1日、大規模リニューアルオープンする。運営する天王寺SC開発(同)が1月23日、詳細を発表した。

「ミオえきッチン&LOOP」のフロア図

 天王寺ミオ本館・プラザ館の約370店の内、26店が新規オープン、29店がリニューアルオープンする(オープン日が一部異なる)。

[広告]

 昨年3月に誕生した食のゾーン「ミオえきッチン」(プラザ館M2階)の拡大に加え、新たなゾーン「エキうえスタンド」を設け、フロア全体を「ミオえきッチン&LOOP」と名付けた。「酒処 つかさ」(大衆居酒屋)、「牡蠣とワイン 立喰い すしまる」(すし)、「蔵元豊祝」(日本酒バル)、「焼鳥 ボトルバード」(炭火焼鳥)、「ヨーキーズ クレープリー」(クレープ)がオープンする。

 そのほかの主な新規オープンは、「紀伊國屋書店」「ミスタードーナツ」「パブリック トウキョウ」(メンズ・レディスファッション)、「ポール&ジョー」「メイクアップキッチン」(コスメ)、「リンツ ショコラ カフェ」(チョコレート・カフェ)など。