食べる

阪堺電車で貸し切り電車ツアー「南海・阪堺沿線 利き酒電車」 地酒と穴子ずし

阪堺電車「モ161形車」

阪堺電車「モ161形車」

  •  

 大阪唯一の路面電車を運行する阪堺電気軌道(阪堺電車)は2月13日、貸し切り電車ツアー「南海・阪堺沿線 利き酒電車」を実施する。

 車内で、南海・阪堺沿線の地酒(浪花酒造・井坂酒造・堺泉酒造の大吟醸や新酒など6種 各0.5合 合計3~3.5合程度)と、穴子ずしで有名な堺の「深清鮓(ふかせずし)」の穴子のにぎりが楽しめる。車両は日本で現役最古である「モ161形車」を予定する。

[広告]

 行程は、天王寺駅前駅(18時45分発)~浜寺駅前駅(19時35分着・19時50分発)~我孫子道車庫(20時20分着・20時35分発)~天王寺駅前駅(21時05分着)。

 集合時間は18時20分。ツアー代金は5,700円。申し込みは、インターネットで1月22日10時~2月8日17時、電話(06-6675-0028、平日9時~17時50分)で1月28日から、それぞれ受け付ける。募集人員は30人。インターネット受付で満席になった場合は、電話受付は行わない。