四天王寺で護符を奪い合う祭り「どやどや」-寒さの中、ふんどし姿で

寒い中でも盛り上がった「どやどや」

寒い中でも盛り上がった「どやどや」

  •  

 四天王寺(大阪市天王寺区四天王寺1)六時堂で1月14日、ふんどし姿でばらまかれた護符を奪い合う祭り「どやどや」(修正会結願法要)が行われた。

勝ったチームは喜びのガッツポーズ

 どやどやは、旧年の悪習を正し、その年の吉祥を祈り、天下泰平・五穀豊穣(ほうじょう)を祈願し元旦から14日まで行われている「修正会(しゅしょうえ)」の結願日の祭り。

[広告]

 当日は、気温約8度の寒い中、多くの見物客が訪れた。最初に和泉チャイルド幼稚園・御池代幼稚園・四天王寺夕陽丘保育園・四天王寺悲田院幼稚園の園児290人が男児は上半身裸、女児はTシャツなどの軽装で「わっしょい」の掛け声と共に境内を回った。

 四天王寺羽曳丘中学・高校、清風中学・高校、清風南海高校の男子学生約1000人は、ふんどし姿で赤・白組に分かれ掛け声と共に入場すると、水を掛けられながら護符を奪い合って勝敗を決めた。

 併せて、境内では正月の飾り物のおたきあげ「とんどやき」も行われた。