見る・遊ぶ

あべのハルカス展望台、雨の日は雨模様の「あべのべあ」登場

雨模様の「あべのべあ」登場

雨模様の「あべのべあ」登場

  • 0

  •  

 あべのハルカス(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」で4月7日、雨が降ったことに合わせて展望台のキャラクター「あべのべあ」が登場した。

あべのべあグッズをPRするあべのべあ

 地上300メートルの空に生息する「空もよう」の熊という「あべのべあ」。ゆったりとした動作が特徴で、展望台のショップで多数のグッズも販売する。普段は体に雲が描かれているが、雨の日限定で雨模様で登場する。「雲のように気ままな性格なので、会えない場合もある」(同施設)。

[広告]

 当日は「あべのべあ」が登場すると人だかりができ、記念撮影に応じるなどして来場客を喜ばせた。あべのべあ目当ての人が複数いて、「イベントとかでないと会えないから、(会える)雨なので来た」と話す人もいた。

 展望台ではほかに、視界が悪くなりがちな雨の日も楽しんでもらおうと窓ガラスに絵が描ける「レイニーアート」も実施している。

 営業時間は9時~22時。入場料金は、大人=1,500円、中高生=1,200円、小学生=700円、幼児(4歳以上)=500円。