暮らす・働く

天王寺区が真田幸村ゆかりの地PR 名所・旧跡など11カ所巡るルート設定

JR天王寺駅前の「真田幸村めぐルート」案内サイン

JR天王寺駅前の「真田幸村めぐルート」案内サイン

  •  

 天王寺区(大阪市)は3月、大坂の陣の舞台となった同区の魅力を知ってもらおうと戦国武将・真田幸村ゆかりの名所・旧跡など11カ所を巡る「真田幸村めぐルート」を設定し、ロードサインも23カ所に設置した。

真田幸村最期の地 安居神社

 同区は2014年度と2015年度、大坂の陣から400年を迎えたことを記念し、同区で戦死した真田幸村をテーマにしたイベント「天王寺 真田幸村博」を展開したほか、真田丸の復元ジオラマの制作、真田丸跡といわれる大阪明星学園に「真田丸顕彰碑」を建立した。NHK大河ドラマ「真田丸」が放映されていることもあり、現在も幸村ゆかりの地を訪れる観光客は多い。

[広告]

 真田山エリアと天王寺エリアに分けたゆかりの地は、戦場となった茶臼山、幸村の最期の地と伝えられる安居神社、真田の抜け穴跡が残る三光神社など11カ所を選定した。街歩きのスタート地点となるJR玉造駅とJR天王寺駅の駅前には大型の案内サインを設置。日本語のほか、ローマ字・英語、中国語、ハングルで表記した。

 街歩きに便利な「真田幸村めぐルートマップ」も製作。天王寺区役所(同区真法院町)、天王寺区民センター(同区生玉寺町)、大阪市サービスカウンター天王寺(あべちか地下1階)に設置する。