天気予報

28

19

みん経トピックス

ハルカスのエレベーター停止大阪で桜が満開に

通天閣がブルーにライトアップ 世界自閉症啓発デーで

通天閣がブルーにライトアップ 世界自閉症啓発デーで

ブルーにライトアップされた通天閣

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)は世界自閉症啓発デーの4月2日、1日限定でシンボルカラーのブルーにライトアップした。主催は大阪自閉症協会など。

ブルーにライトアップされた通天閣

 世界自閉症啓発デーは、生まれつきの自閉症などの発達障害について広く啓発する活動。国連が2007年に制定した。世界各地のランドマークでブルーのライトアップが広まっている。大阪市は発達障害について正しい理解と認識を深めてもらおうと各区役所や小学校などでポスターを掲示するなどの活動を行い、大阪城天守閣(中央区)、天保山大観覧車(港区)でもブルーのライトアップを行う。同日から今月8日は厚生労働省が「発達障害啓発週間」と位置付けている。

 大阪の名物的な存在である通天閣のネオンは通常、季節に応じた色で点灯。1月~2月は雪をイメージした白色、3月~4月は桜をイメージした桜色、5月~6月は若葉をイメージした緑色、7月~8月は海・空をイメージした水色、9月~11月は稲穂をイメージした金色、12月はもみの木をイメージした青緑色に、それぞれライトアップしている。点灯時間は日没~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

近鉄アート館(大阪市阿倍野区、あべのハルカス近鉄本店ウイング館8階)で10月21日・22日、ミヤコ蝶々を題材にしたミュージカル「蝶々さんの日記」を上演する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング