天気予報

26

19

みん経トピックス

天王寺に種と苗の専門店藤原紀香さんが広報大使に

通天閣に一足早い桜 ピンク色にライトアップ

通天閣に一足早い桜 ピンク色にライトアップ

ピンク色にライトアップした通天閣

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)の夜間にライトアップされるネオンが3月1日、桜をイメージしたピンク色になった。

通天閣がピンク色にライトアップ

 ネオンは2代目通天閣が再建された翌年の1957(昭和32)年に広告スポンサーの日立製作所が掲出して始まり、以来大阪の名物になっている。2011年にネオン管をLEDにリニューアルしてからは季節に応じて6色に変化するようになった。

 1年のカラー(カッコ内はイメージ)は、1・2月=白色(雪)、3・4月=桜色(桜)、5・6月=緑色(若葉)、7・8月=水色(海・空)、9~11月=金色(稲穂)、12月=青緑色(もみの木)。

 ネオンはほか、「パープルリボンキャンペーン」「オレンジリボンキャンペーン」などの啓発活動に合わせ、それぞれのシンボルカラーにライトアップすることも。今月10日は「世界緑内障週間」(3月6日~12日)に合わせて行われる「ライトアップ in グリーン運動」に参加して緑色にライトアップする。

 点灯時間は日没~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

愛染堂・勝鬘院(大阪市天王寺区夕陽丘町)で6月30日~7月2日、「愛染まつり」が開かれる。境内で6月26日、愛染娘らが祭りの準備を行った。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング