天気予報

17

11

みん経トピックス

大阪で「道の駅」物産展大阪でパンダ作家の個展

通天閣がグリーンにライトアップ 緑内障の啓発活動で

通天閣がグリーンにライトアップ 緑内障の啓発活動で

通天閣がグリーンにライトアップ

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)は3月10日、「ライトアップ in グリーン運動」に参加して夜間に点灯するネオンを緑色にライトアップした。

通天閣のネオン

 日本緑内障学会が世界緑内障週間(3月6日~12日)に合わせて展開する同運動。昨年の試験実施で始まり、今年は全国18都市20カ所のランドマークでグリーンのライトアップを行う。

 緑内障は日本の中途失明原因の1位の疾患だが、早期に発見して治療すれば失明に至る可能性を減らすことができるという。緑内障は初期の自覚症状が少ないといい、同会は一般の人にこの疾患の存在を知ってもらおうと啓発活動を展開している。

 通天閣のネオンは通常、季節に応じた色で点灯。1月~2月は雪をイメージした白色、3月~4月は桜をイメージした桜色、5月~6月は若葉をイメージした緑色、7月~8月は海・空をイメージした水色、9月~11月は稲穂をイメージした金色、12月はもみの木をイメージした青緑色に、それぞれライトアップしている。点灯時間は日没~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

阪堺電気軌道(阪堺電車)上町線で12月3日、関西初の芝生軌道となる天王寺駅前~阿倍野間の新線切り替えが行われた。天王寺駅前停留所では軌道芝生化・切替完成記念の出発式も開かれた。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング