天気予報

12

7

みん経トピックス

通天閣にNMB48登場阿倍野で熊本復興応援フェア

通天閣のネオン広告が消灯 地球温暖化防止を啓発

通天閣のネオン広告が消灯 地球温暖化防止を啓発

ネオンが消灯した通天閣(左)と点灯時の通天閣

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)が夏至の日の6月21日、夜間に点灯するネオン広告を消灯した。

ネオン広告が消える瞬間の通天閣

 環境省が地球温暖化の防止のため、ライトアップ施設や家庭の消灯を呼び掛ける「CO2削減/ライトダウンキャンペーン」(啓発期間は6月21日~7月7日)。通天閣を運営する通天閣観光(同)と広告スポンサーの日立製作所(東京都千代田区)は趣旨に賛同し、同キャンペーンが始まった2003年からネオンを消灯することで参加している。

 通天閣のネオン広告は、日立が1957(昭和32)年から掲出している大阪の名物的な存在。2011年にはLEDに改修して消費電力を抑え、季節に応じた6色に変化するようになった(5月~6月は若葉をイメージした緑色)。

 消灯は七夕の日の7月7日も行う。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)など近鉄百貨店で現在、桜の季節に合わせた「お花見おせち」を予約販売している。写真は「下鴨茶寮」 お花見おせち(2~3人用、1万800円)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング