見る・遊ぶ

大阪の映画館「新世界国際劇場」、休館中の手書き看板が話題

話題になっている「新世界国際劇場」の看板

話題になっている「新世界国際劇場」の看板

  • 10192

  •  

 通天閣近くの映画館「新世界国際劇場」(大阪市浪速区)の手書き看板が現在、ツイッターなどSNSで大きな話題となっている。

悲しいぜ!再会するまでしばし待て!

[広告]

 昔ながらの手書き看板で知られる同館。新型インフルエンザ等対策特別措置法に基づく「緊急事態宣言」に伴い、映画館は休業要請の対象となることから現在は休館している。

 話題となっているのは、「休館記念!フェイクニュース 暴力報道2020」「決断 戒厳の長き夜」「インチキ映画特集 コロナマン 最凶ダークヒーロー爆誕」の世相を反映した架空の作品を表現した看板や、「要請であえなく休館 悲しいぜ!再開するまでしばし待て!」とのメッセージ。そのほか、隣接する成人映画館「国際地下劇場」に掲げられている「悲しいけど、しばしのお別れ・・・(以下略)」。

 ツイッターでは、「新型コロナで休館になっても全力でネタを仕込んでくれるぜ」、「何がスゲェって、手書きでやってのける事だよな」「笑わせようとする姿勢はさすが大阪」(以上、原文ママ)などと投稿されている。

 同館から出てきた関係者に聞くと「(ユニークな手書き看板は)昔からやっているから。単に休業中を書いても面白くないからでしょう」とほほ笑んでいた。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース