暮らす・働く

阪堺電車に低床式の新車両「1101形車」 バリアフリーに対応

阪堺電車の新たな低床式車両「1101形車」(写真提供=阪堺電気軌道)

阪堺電車の新たな低床式車両「1101形車」(写真提供=阪堺電気軌道)

  • 564

  •  

 路面電車を運行する阪堺電気軌道(阪堺電車)が3月28日、バリアフリーに対応した低床式の新車両「1101形車」(1編成3両)の運用を始める。

阪堺電車の低床式車両「堺トラム」

 同社では、2013(平成25)年から導入している「堺トラム」(1001形/計3編成)に続く低床式車両。堺トラムの形状を踏襲しつつ、南海グループのコーポレートシンボルのファインレッドとブライトンオレンジの2色を使ったカラーリングになっている。

[広告]

 今回の導入に伴い、上町線・天王寺駅前~浜寺駅前間で運行する低床式車両が、現在のおおむね2時間に1本からおおむね毎時1本になるという。