見る・遊ぶ

あべのハルカスの大阪芸大キャンパスで体験型展覧会 学生が企画・運営

「わたしぼくデザイン」を学生たちがPR

「わたしぼくデザイン」を学生たちがPR

  •  
  •  

 体験型デザインエンターテインメント「わたしぼくデザイン」が11月12日、大阪芸術大学スカイキャンパス(大阪市阿倍野区、あべのハルカス24階)で始まった。

シェードにの中に頭を入れて体験する「自分の過去に戻る体験」

 学生が企画・運営する体験型の展覧会。「普段の感覚を揺さぶられる体験」「自分の過去に戻る体験」「自分の感覚を知る体験」「自分をほめられる体験」「自分の変化に出合う体験」を用意。「普段の感覚を揺さぶられる体験」は、さまざまなスイッチを用意し、押すと普段とは異なる音が鳴る「違和感」を体験できる。

[広告]

 学生リーダーの北田琳華さんは「お客さま自身が主役、体験することで何かを見つけるための展覧会で、自分自身に眠っている何かに気付く。もう一人の自分と出会いながら体験していき、自分で作っていくと楽しいと思う」と話し、「約50人の学生がアイデアを出し合って、みんなのアイデアを結合した良いもので構成されている。ピンクでかわいい空間になったので、ぜひ来てほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~19時。入場料は、一般=1,000円、学生=500円。高校生・中学生は無料。小学生以下は入場不可。月曜休館。12月1日まで。

  • はてなブックマークに追加