学ぶ・知る

KNT-CTホールディングスと近畿大学が包括連携協定 あべのハルカスで調印式

ハルカス300で包括連携協定調印式

ハルカス300で包括連携協定調印式

  •  
  •  

 KNT-CTホールディングス(東京都新宿区)と近畿大学(東大阪市)の包括連携協定調印式が4月11日、あべのハルカス(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」で行われた。

近畿日本ツーリスト関西・東大阪営業所の産学連携成果展示スペース

 近鉄グループで近畿日本ツーリスト各社やクラブツーリズムを傘下に持つKNT-CTホールディングスと、14学部48学科の大規模総合大学である近畿大学が連携することで、互いの特性を生かして新しい価値の創造を目指すという。

[広告]

 具体的な取り組みは、近畿日本ツーリスト関西・東大阪営業所で近畿大学の産学連携商品のマンスリー展示や学園行事の告知スペースとして活用(7月開始予定)、近大生を対象とした近畿日本ツーリストでのインターンシップの実施、近大マグロで知られる近畿大学水産研究所の見学ツアーの企画化を、それぞれ挙げている。

 調印式には、KNT-CTホールディングスの丸山隆司社長や近畿大学の細井美彦学長らが出席。丸山社長は「旅行業に関する当社の知識や経験と、近畿大学が持つ知的好奇心や感性がクロスすることで、旅行という枠を越えた成果が生まれるものと期待している」と連携を呼び掛けた理由を明かした。細井学長は「学生の若い感性を取り入れ、本部キャンパスのある東大阪での取り組みに留まらず、幅広く全国的な展開を期待している」と話す。

  • はてなブックマークに追加