暮らす・働く

阿倍野「アベノ洋風長屋」で「庭の日」イベント 昭和初期の長屋に4店が出店

「アベノ洋風長屋」の店主たち

「アベノ洋風長屋」の店主たち

  •  
  •  

 アベノ洋風長屋(大阪市阿倍野区阪南町3)で3月28日、「庭の日」イベントが初開催された。

昭和初期に建てられた長屋をリノベーションした「アベノ洋風長屋」

 アベノ洋風長屋は1929(昭和4)年に建築された5軒長屋をリノベーション。今年1月から3月にかけて、古書店「大吉堂」、アメリカンカジュアル古着とアクセサリー「KAZE MACHI ROMAN」、漢方茶とびわの葉温熱療法「養生庵 和音」、カフェ「珈琲と白ワイン tent」の4店がオープンした(1区画は現在空室)。店主同士が仲良く、店先で立ち止まって会話することが多いという。

[広告]

 建物裏には庭があることから、毎月28日を「庭の日」としてイベントを継続的に開催していく予定で、初回はキャンドルのワークショップなどが開かれた。

 最寄り駅の昭和町駅周辺では昭和の日の4月29日、恒例イベント「どっぷり昭和町」を開催。アベノ洋風長屋では、裏庭で「大吉堂」主催の「みんなの古本市」を開く。開催時間は10時~16時。

  • はてなブックマークに追加