見る・遊ぶ

天王寺動物園で「うんち」テーマの企画展 フンコロガシの生体展示も

スカラベ(フンコロガシ)の生体展示

スカラベ(フンコロガシ)の生体展示

  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で8月7日、企画展「ほんとに知ってる?身近な生き物たち ~POOPOOPOO魅惑のうんち~」が始まった。

【動画】ほんとに知ってる?身近な生き物たち ~POOPOOPOO魅惑のうんち~

 同園と大阪ECO動物海洋専門学校(西区)が共同で企画した同展。生き物の排せつ物(うんち)をテーマに、スカラベ・サクレ(フンコロガシ)の生体展示や、ふんの標本や恐竜のふん化石などを展示する。

[広告]

 このほか、タンザニアオオヤスデ、レッドテグー、アフリカウシガエルなどの生体展示も行い、タンザニアオオヤスデに触れられるコーナーも用意する。

 開園時間は9時30分~17時。ナイトZOO開催日の8月11日~14日、18日・19日は21時まで。入園料は、大人=500円、小・中学生=200円。未就学児、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住の65歳以上無料。今月19日まで。