見る・遊ぶ

四天王寺で「七夕のゆうべ」開催へ 幻想的な笹トンネルが今年も

「七夕のゆうべ in 四天王寺」の笹トンネル(昨年の様子)

「七夕のゆうべ in 四天王寺」の笹トンネル(昨年の様子)

  •  

 四天王寺(大阪市天王寺区)で7月6日から、七夕イベント「七夕のゆうべ in 四天王寺2018~笹トンネルから星空へ~」が開かれる。

七夕のゆうべ in 四天王寺

 地元町内会が中心となって開いている今年11年目の恒例イベント。境内に設置した全長約27メートルの笹トンネルに、夜は天の川を模した約3万球のLED照明が点灯して幻想的な雰囲気を醸し出す。毎年多くの人が笹トンネルに願い事を書いた短冊(100円)を飾り付け、最終日に願いがかなうようにと全ての短冊をおたき上げする。

[広告]

 併せて、境内でグルメなどの「七夕縁日」を展開するほか、6日・7日に天体望遠鏡で星を観察する「星空観望会」(19時30時~22時)、7日にアカペラグループや地元の人が出演する「七夕コンサート」(16時~21時)なども予定する。

 笹トンネルの点灯時間は19時~24時(最終日は20時まで)。入場無料。7月8日まで。