天気予報

16

8

みん経トピックス

阿倍野にボードゲーム喫茶あべ経PVランキング

「泣いたらアカンで通天閣」舞台化 赤井英和さん、三倉茉奈さんら出演

「泣いたらアカンで通天閣」舞台化 赤井英和さん、三倉茉奈さんら出演

三倉茉奈さんと赤井英和さん

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)地下1階スタジオ210で12月14日、舞台「泣いたらアカンで通天閣」の製作発表が行われた。

【動画】「泣いたらアカンで通天閣」製作発表

 同作品は坂井希久子さん原作で2012年5月に出版。2013年には、読売テレビ開局55周年記念でテレビドラマ化された。ストーリーは、通天閣が建つ新世界が舞台で、しっかり者の娘と人情にもろい父の不器用で真っすぐな親子愛と、おせっかいな下町の人々の人情を描く。

 初の舞台化となる同作には、ラーメン屋「三好屋」の主人・ゲンコを赤井英和さん、その一人娘・センコを三倉茉奈さんが務める。ほかの出演者は、辻本祐樹さん、小川菜摘さん、山田スミ子さん、曽我廼家八十吉さん、笑福亭松喬さん、紅壱子さん、川奈美弥生さん、桜花昇ぼるさんなど。脚本・演出は、わかぎゑふさん。

 製作発表には赤井さん、三倉さん、わかぎさんが出席。赤井さんは「ゲンコは仕事せんかったり、俺にぴったり。生まれ育った地元の話をできることは誇りに思う」、三倉さんは「私がドラマデビューした『ふたりっ子』(NHK連続テレビ小説)も通天閣が舞台でした。あれから22年たって、久しぶりにまた通天閣が舞台の作品に出られて大阪出身なのでうれしい」と、それぞれ話した。

 公演会場は大阪松竹座(中央区)。日程は2018年2月1日~10日。午前の部11時開演、午後の部15時30分開演(初日のみ13時開演1回公演)。観劇料は、一等席=1万2,000円、二等席=7,000円、三等席=4,000円。1月5日10時に受付開始。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

天王寺公園(大阪市天王寺区)エントランスエリア「てんしば」で2月16日~18日、「2018中国春節祭 in 大阪天王寺」が開かれる。(写真=1月16日に行われたプレス発表会)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング