食べる

阿倍野にボードゲームカフェ「デザート*スプーン」 谷六から移転

「デザート*スプーン」オーナーの加藤さん

「デザート*スプーン」オーナーの加藤さん

  •  

 地下鉄・昭和町駅近くに12月3日、ボードゲームカフェ「デザート*スプーン」(大阪市阿倍野区阪南町1)が移転オープンした。

「デザート*スプーン」の外観

 これまで谷町六丁目駅近くで約6年営業した同店。日本初のボードゲームカフェという。今回の店は一軒家を店主自ら改装。面積は延べ約77平方メートル。1階はカフェ利用もできるボードゲームスペース、和室の2階は多目的レンタルスペースとなる。ボードゲームはヨーロッパを中心に350種以上を用意する。

[広告]

 オーナーの加藤亮さんは「ボードゲームは世代も関係なく誰とでも遊べる。(取材時に)今も知らない人同士が遊んでいる。初心者でも遊べるカフェ形態では日本初と聞いている」と話し、移転理由は「どっぷり昭和町(毎年4月29日に開催しているイベント)に4年出展して、3世代が一緒に街を回っているのを見て温かさを感じた」と明かした。「それぞれの人に合ったゲームが必ずあると思う」とも。

 プレー料金は200円(30分ごと)。フリータイム(最大料金)は、平日=1,500円、土曜・日曜・祝日=2,000円。営業時間は13時~22時(土曜は10時~、日曜・祝日は10時~21時)。月曜定休。