天王寺動物園103周年記念の切手発売 マレーグマに果物のプレゼントも

足の裏にバイナップルを載せて食べるマレーグマのマーサ

足の裏にバイナップルを載せて食べるマレーグマのマーサ

  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)マレーグマ舎前で12月3日、オリジナルフレーム切手「天王寺動物園103周年記念」の販売を記念した贈呈式が行われた。

【動画】マレーグマに果物のプレゼント

 同園が来年元日に103周年を迎えることを記念して日本郵便近畿支社が12月1日に発売。ライオン、トラ、ホッキョクグマや生き餌から人気者になった奇跡のニワトリ「マサヒロ」などの写真が使われている。

[広告]

 贈呈式では、牧慎一郎園長が「3年前の100周年のときは歴史を表すような切手を作っていただいた。近所の郵便局で販売するので一緒に地域を盛り上げるようにしていきたい」と話し、切手の写真に使われているマレーグマに日本郵便がリンゴとバイナップルを贈った。

 オリジナルフレーム切手「天王寺動物園103周年記念」は、1シート=82円切手×10枚。価格は1,300円。販売部数は1000シート。天王寺区、中央区、浪速区、大正区、西成区、住吉区、住之江区の全郵便局(計108局)で販売する。