見る・遊ぶ

大阪芸大スカイキャンパスで「中村佑介×後藤正文トークショー」

後藤正文さん(左)と中村佑介さん

後藤正文さん(左)と中村佑介さん

  •  

 大阪芸術大学スカイキャンパス(大阪市阿倍野区、あべのハルカス24階)で9月2日、「中村佑介×後藤正文トークショー」が開かれた。

終始和やかな雰囲気だった「中村佑介×後藤正文トークショー」

 同所で開催中の展覧会「中村佑介展 15 THE VERY BEST OF YUSUKE NAKAMURA」の一環。イラストレーターの中村佑介さんは、後藤正文さんがボーカル・ギターを務める「ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)」のCDジャケットをデビューアルバム「崩壊アンプリファー」(2003年)から手掛けている。

[広告]

 中村さんが聞き手になって展開されたトークショー。後藤さんが野球に打ち込んだ中学・高校時代、大学時代に結成したバンドのエピソードなどを披露。初めてのCDジャケットを手掛ける前に送られたというバンドメンバーの写真を映し、中村さんは「売れなさそうに思った」、後藤さんは「売れないって言われるよね」と会場の笑いを誘った。

 7月15日から開催している中村佑介展は、同大デザイン学科イラストコース出身である中村さんの15周年の節目を記念して開催。完成イラストのほか、着色前の線画やアイデアスケッチなども展示する。

 開催時間は11時~19時。入場料は、一般=800円、高校生以下無料。9月18日まで。