天気予報

18

15

みん経トピックス

ハルカスで沖縄観光PR大阪でプレミアムフライデー

天王寺動物園が年間パスポート導入へ ペンギン・アシカ舎リニューアルも

天王寺動物園が年間パスポート導入へ ペンギン・アシカ舎リニューアルも

天王寺動物園ペンギン・アシカ舎整備イメージ

写真を拡大 地図を拡大

 大阪市は2月16日、天王寺動物園(大阪市天王寺区)に年間パスポートを導入するなど、天王寺公園・動物園の魅力向上の取り組みを発表した。

天王寺公園・動物園の2017年度実施事業

 来園者から要望が多かったという年間パスポートは4月から導入。料金(カッコ内は通常入園料)は、大人=2,000円(500円)、市外小中学生=800円(200円)。

 そのほか、ペンギン・アシカ舎のリニューアルに着手、絶滅危惧動物の種の保存の取組みの一環として海外からシシオザルを導入、動物園の飲食・物販などサービス事業を包括的に実施する民間事業者を公募、公園中心部に位置する公園連絡橋の撤去なども発表した。2017年度の予算額は3億9,000万円。

 大阪市建設局は昨年10月、次の100年の目標を「魅力あふれる動物園であり続けること」とした「天王寺動物園101計画」を策定。動物園ににぎわいを呼び込み、天王寺エリア全体の活性化も見据える。

 コレクション計画では、高額な餌代を理由にした自然滅によるコアラの撤退が大きな話題になったが、ホッキョクグマ・カリフェルニアアシカ・ヒガシクロサイなどの繁殖、アジアゾウの導入などを推進。リスザルなどの小型哺乳類やニホンイノシシの導入を検討する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」で現在、同施設のキャラクター「あべのべあ」によるハロウィーングリーティングが行われている。(写真=葛飾北斎の作品をモチーフにした巨大影絵とあべのべあ)
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング