天気予報

34

25

みん経トピックス

大阪で米絵本作家の展覧会大阪で「道の駅」物産展

西田辺にかすうどん店「カルロス」 一人焼き肉も開始

西田辺にかすうどん店「カルロス」 一人焼き肉も開始

カルロス本店のかすうどん

写真を拡大 地図を拡大

 地下鉄御堂筋線・西田辺駅近くに2月15日、かすうどん店「カルロス本店」(大阪市阿倍野区長池町)がオープンした。

カウンターで一人焼き肉

 シャープ本社ビルの西隣に位置する同店。面積は約8.5坪。席数はカウンター10席とテーブル4席の計14席。大阪発祥といわれる「かすうどん」は牛の小腸を揚げた「油かす」が入ったうどん。

 主なメニューは「かすうどん」(600円)、「きつねうどん」(700円)、「肉うどん」(800円)などで全てのうどんに油かすが入る。昼の部はおにぎり2個まで付けられる。

 3月3日には、夜の部で「一人焼き肉」も始めた。主な肉メニューは、「カルビ」「ロース」「ハラミ」(以上250円)などで、各品は一般的な焼き肉店の半人前程度の量となる。

 店主の平田さんは「もともと焼き肉店をやりたかったが、店が狭いのでかすうどんにした。店名(カルロス)もカルビとロースがおいしい店から名付けた。一人焼き肉ならこの広さでもできる。焼き肉は和牛を使っている」と話す。

 営業時間は、11時30分~14時30分、18時~翌2時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

天王寺動物園(大阪市天王寺区)で7月29日、開園時間を延長して夜の動物が観察できるイベント「ナイトZOO」が始まった。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング