通天閣・お化け屋敷「死ん世界」報道陣に公開-おはらいも

通天閣でお化け屋敷「死ん世界」

通天閣でお化け屋敷「死ん世界」

  •  
  •  

 通天閣(大阪市浪速区恵美須東1)地下・スタジオ210で7月11日、翌12日から始まるお化け屋敷「死ん世界」が報道陣に公開された。主催は東映などで構成する実行委員会。

幸福の神様ビリケンさんも死者に?

 当日は公開に先駆けて廣田神社(日本橋西2)の宮司によるおはらいが行われたほか、地元町内会の人などを招待し内覧会も開かれた。

[広告]

 お化け屋敷では、劇団員がお化けに扮(ふん)するなどの演出を行う。ストーリーは、通天閣地下にすみ着いたさまざまな幽霊、怨霊、呪縛霊たちが通天閣、大阪を死後の世界にして、人々に災いをもたらそうとしているというもの。大阪を救うために、来場者が「死ん世界」に入り、たたりを封印する。来場者は三角頭巾をかぶり納める札を持って入場する。

 参加者の中、出口でうずくまっていた女性は「最初から最後まで怖かった。お化け屋敷が苦手な人にはおすすめできない」と混乱気味に話していた。

 開催時間は15時~20時(日曜・土曜・祝日と8月12日~16日は12時~)。入場料は800円。3歳未満は入場不可。9月8日まで。

  • はてなブックマークに追加