通天閣歌謡劇場、24年の歴史に幕-新劇場に喜びも

通天閣歌謡劇場、最終公演のステージで歌う叶麗子さん

通天閣歌謡劇場、最終公演のステージで歌う叶麗子さん

  • 0

  •  

 通天閣(大阪市浪速区恵美須東1)地下劇場(スタジオ210)で6月28日、歌謡ショー「通天閣歌謡劇場」の最終公演が催された。公演前に劇場を移転して存続する方向が明らかになった。

公演後、万歳する出演者ら

[広告]

 1989年から松竹芸能が開いてきた同ショーは、通天閣を運営する通天閣観光との賃貸借契約が切れることに伴い最終公演を迎えた。ファンが劇場存続を訴えて始めた署名活動には1万人を超える署名が集まったという。

 会場入り口には、通天閣近くの串かつ店「横綱 通天閣店」5階に新劇場の開設を本年度中に目指すと貼り出され、ファンが喜んだ。

 最終公演は総勢19人の歌手が出演して2部に分けて行われ、多くの観覧客が集まった。NHKの連続テレビ小説「ふたりっ子」に登場する演歌歌手・オーロラ輝子のモデルで「通天閣の歌姫」こと叶麗子さんが大トリを務め、「最後は笑って別れて、また横綱の5階で会いましょう」と呼び掛けた。

  • はてなブックマークに追加
エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース