阿倍野歩道橋が4月完成へ-ネーミングライツパートナー募集も

架け替え工事中の阿倍野歩道橋

架け替え工事中の阿倍野歩道橋

  • 0

  •  

 大阪市建設局は現在、架け替え工事中で4月末に完成予定の阿倍野歩道橋のネーミングライツパートナーを募集している。

1970年に設置された(旧)阿倍野歩道橋

 現在建設中で2014年グランドオープン予定の超高層ビル「あべのハルカス」、JR天王寺駅の駅ビル「天王寺ミオプラザ館」、複合施設「あべのnini」、商業施設「あべのキューズタウン」を結ぶ同歩道橋。旧歩道橋は1970(昭和45)年に設置され、架け替え工事は2009年10月から進められている。

[広告]

 新歩道橋は長さ約197メートル。デザイン・設計はコンペで決定し、上から見て阿倍野のローマ字表示の頭文字「a」を取り入れたデザイン。現在は暫定開放している。

 同局が募集しているのは通称名の命名権(ネーミングライツ)のパートナー企業。契約期間は3年間。契約料は大阪市が設定する最低契約料(非公表)以上で、価格提案のあった最高価格で決める。

 同歩道橋周辺では、天王寺ミオプラザ館が今年3月に大規模リニューアル。あべのハルカス(タワー館)に近鉄百貨店阿倍野店が「あべのハルカス近鉄本店」に名称変更して6月に先行オープンする予定。