3密を避けて新しい生活様式へ!

暮らす・働く

阿倍野の街歩きイベントに3500人-安倍晴明の掛け軸なども公開

ゴール地点のHoopには安倍晴明のコスプレをする女性も

ゴール地点のHoopには安倍晴明のコスプレをする女性も

  • 0

  •  

 阿倍野で11月23日・24日、街歩きイベント「安倍晴明 白狐伝説祭~天才陰陽師のルーツをたずねて~」が開催された。主催は近畿日本鉄道・東急不動産・JR西日本で構成するWelcoming(ウェルカミング)アベノ・天王寺キャンペーン事務局。

安倍晴明が描かれた掛け軸なども特別に公開

 阿倍野生まれといわれる陰陽師・安倍晴明をテーマに開催したスタンプラリー。ラリーポイントは、あべのキューズタウン、阿倍王子神社、安倍晴明神社、聖天山公園。今年5月には、真田幸村をテーマにしたクイズラリーも行い、街歩きイベントは2回目。

[広告]

 阿倍王子神社では、普段は公開していない安倍晴明などが描かれた掛け軸4点、書籍10点、絵巻物が公開された。平安時代をイメージした創作料理「晴明大なべ粥(かゆ)」も各日300人に振る舞われた。

 あべのキューズタウンでは、小弓(こゆみ)・独楽(こま)の平安時代の遊びを体験できるコーナーを展開したほか、晴明の母にまつわる話を紙芝居で上演した。

 会場には、晴明のコスプレモデルも登場。聖天山公園では、「あのんくん」「てのんちゃん」(同キャンペーン)、「あべのん」(同区)、「ももてんちゃん」(天王寺区)、「ゴーゴくん」(天王寺動物園)、「地球戦士ゼロス」(浪速区)のご当地キャラも登場した。

 参加者は両日合わせて3500人。「安倍晴明が好きで参加した」と話す母娘の姿も見られた。