食べる

あべのHoopに西日本初の「マックカフェ」-新世代デザイン採用も

「マクドナルド あべのHoop店」がオープン。ドナルドも登場

「マクドナルド あべのHoop店」がオープン。ドナルドも登場

  •  
  •  

 ファッションビル「Hoop」(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)地下1階グルメガーデンに8月31日、「マクドナルド あべのHoop店」がオープン。店内に専任バリスタが常駐する「McCafe by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」を西日本で初めて併設した。

西日本初のマックカフェ

 店内には、マクドナルドカウンターと、専任バリスタがエスプレッソベースのカフェコーヒーを主に提供するマックカフェブースを別々に設置。店舗面積は約400平方メートルで、席数は180席。マックカフェは、今年7月に第1号が原宿表参道店(東京都渋谷区)内にオープン。同店は西日本では初となる。

[広告]

 マックカフェの主なドリンクメニューは、「カフェラテ」(S=230円)、「エスプレッソ」(190円)など全19種類。フードは「ティラミス」(290円)、「シュガードーナツ」(150円)など全15種類。ドリンクは陶器のカップとグラスで提供する。

 内装は2010年に東京からスタートした新世代デザイン5種類から、「シャープなビジネス街に暖かさと落ち着きを提供するデザイン」がコンセプトの「EDGE(エッジ)」を採用。大阪では関西国際空港店、新大阪阪急ビル店に続き3店舗目。

 当日は、オープン前にドナルドも登場。カウントダウンの合図も行った。

 日本マクドナルドは、「McCafe by Barista」を郊外型のドライブスルー店舗を中心に今年約30店展開する予定という。

 同ビルでは、1階にスターバックス コーヒー、2階にアフタヌーンティー・ティールームも営業している。

 営業時間は7時~24時(マックカフェは22時まで)。

  • はてなブックマークに追加