見る・遊ぶ

通天閣に「タワースライダー」完成 全長60メートルの滑り台

通天閣に「タワースライダー」

通天閣に「タワースライダー」

  • 671

  •  

 通天閣(大阪市浪速区)に体験型アトラクション「TOWER SLIDER(タワースライダー)」が完成した。

【動画】通天閣に体験型アトラクション「タワースライダー」

[広告]

 同アトラクションは、同塔3階の中間展望台から地下1階の帰り口まで、スパイラル状に滑り降りる全長60メートルの滑り台。同塔を運営する通天閣観光(同)が、これまでの景色を見るだけの観光施設ではなく、アトラクション的要素を新しく導入し、通天閣をより楽しく、刺激的に体感できるようにと企画した。

 地上22メートルから、エレベーター塔の外周を周回(1回転半)して地下1階(地上-4.5メートル)まで、約10秒で一気に滑り降りる仕様で斜度は約30度。透明の遮熱ポリカーボネート板を使用することで、通天閣を見上げながらの滑降を可能としている。スタート時とゴール時の映像をスマートフォンでダウンロードできるサービスも行う。

 通天閣観光の高井隆光社長は「(コロナ禍で)冷え切った新世界を盛り上げたい。ピンチをチャンスに変えるために導入した」と明かし、「思っていた以上にスピードが出て、スリル感、どきどき感、わくわく感がいっぱい。大阪、通天閣に来て体感してほしい」と呼びかける。

 稼働開始日は5月9日を予定。タワースライダーの営業時間は10時~19時30分。利用料金は大人=1,000円、子ども(小学生~中学生)=500円(展望台への入場料別途要)。対象は7歳~64歳(12歳以下は保護者の承諾が必要)、体重は100キロ以下、身長は120センチ以上。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース