食べる

あべのハルカス近鉄本店で「滋賀・びわ湖展」 8カ月ぶりの物産展

「滋賀・びわ湖展」の会場

「滋賀・びわ湖展」の会場

  • 38

  •  

 物産展「第2回 味と匠(たくみ)の祭典 滋賀・びわ湖展~戦国ワンダーランド~」が11月18日、あべのハルカス近鉄本店(大阪市阿倍野区)ウイング館9階催会場で始まった。

滋賀県観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」PRコーナー

 同会場での物産展は新型コロナウイルス感染症の影響で約8カ月ぶり。滋賀県と近鉄百貨店が、同県内の産業の振興発展および地域の活性化を図るために今年2月に締結した「産業振興等に関する協定」の一環で開く。会場では、グルメや工芸品を取りそろえる約40店が集結するほか、滋賀県のPRコーナーも設ける。

[広告]

 主な商品は、「松喜屋」の近江牛ぜいたく重(2,700円)・ステーキ重(3,996円)、「料亭 すし慶」の鯖(さば)棒すし(3,780円)、「あゆの店きむら」の小あゆ煮(1,080円)など。そのほか、イートインで「時雨製麺所」が近江しゃもと信長葱(ねぎ)のつけめん(1,301円)を提供する。

 開催時間は10時~20時(最終日は15時閉場)。今月24日まで。