3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

通天閣で恒例「干支の引き継ぎ式」 今年はイノシシとカピバラが対面

通天閣で「干支の引き継ぎ式」

通天閣で「干支の引き継ぎ式」

  •  
  •  

 年末の恒例行事「干支(えと)の引き継ぎ式」が12月27日、通天閣(大阪市浪速区)で開かれた。

通天閣で「干支の引き継ぎ式」

 1956(昭和31)年から続く大阪の名物行事。今年の干支と来年の干支にちなんだ動物が対面し、双方の動物に代わって駄じゃれを交えた今年の反省と来年の抱負を発表する。

[広告]

 今年は、イノシシ(亥)とカピバラ(子)が対面。口上人として同塔を運営する通天閣観光の西上雅章会長、人形浄瑠璃文楽の太夫、竹本津駒太夫さんが登場した。

 西上会長はイノシシに代わり「今年は令和元年!ラグビーワールドカップでは日本代表が日本・アジアラグビー史上初の8強進出を遂げ、猪突猛進、日本をウリ込む華々しい年になった一方で、あおり運転、暴走事故の多発を見ると、亥い訳ばかりで猪っと妄信(猪突猛進)の発言が多く、 猪ー亥い年(超いい年)とはいきませんでした」と今年を振り返った。

 竹本さんはカピバラに代わり「来年は、東京オリンピック・パラリンピックがございます。ぜひ、きラット輝く年にしましょう。我々も夢チュー(夢中)で応援頑張りマウス。ねずみに水な(寝耳に水な)明るいニュースが生まれる年になりますように。皆さま健康にチュー意(注意)して ハッピー チュー イヤー」と来年の抱負を語る。

Stay at Home