見る・遊ぶ

大阪夏の訪れ告げる「愛染まつり」 大雨の中で宝恵駕籠上げ

愛染まつりで宝恵駕籠上げ

愛染まつりで宝恵駕籠上げ

  •  
  •  

 四天王寺の支院「愛染堂勝鬘院(あいぜんどうしょうまんいん)」(大阪市天王寺区夕陽丘町)で6月30日、「愛染まつり」が始まった。

令和元年度の愛染娘

 天神祭、住吉祭と並んで大阪三大夏祭りの一つに数えられ、夏祭りの先駆けとして知られる。今年も昨年同様に谷町筋を練り歩く宝恵駕籠(ほえかご)パレード、愛染娘の募集、屋台出店を中止したが、愛染娘は同祭実行委員会の知り合いから4人を選出することで復活した。祭り期間中は、秘仏本尊の「愛染明王・大日大勝金剛尊」ご開帳などを行う。

[広告]

 初日は激しく雨が降る中、宝恵駕籠に愛染娘が乗って、愛染男組がかごを持ち上げる「宝恵駕籠上げ」が行われた。雨天で例年より来場者は少なめだったが、愛染娘らの「愛染さんじゃ」「べっぴんさんじゃ」などの掛け声で盛り上がりを見せた。

 開門時間は10時~21時。7月2日まで。

  • はてなブックマークに追加