見る・遊ぶ

複合施設「あべのnini」、2月開業へ-壁面に草間彌生さんの巨大アートも

「あべのnini」(イメージ画像)

「あべのnini」(イメージ画像)

  •  

 阿倍野再開発事業の複合施設「あべのnini」(大阪市阿倍野区阿倍野筋1)が2月1日、開業する。

 同施設の建物規模は地下2階・地上24階建て。「アートアルテール コンドミニアムフロア」(13階~24階=住宅、昨年2月販売終了)、「ホテルトラスティ大阪 阿倍野」(5階~11階)、商業施設(地下2階~4階)で構成。

[広告]

「ホテルトラスティ大阪 阿倍野」の総客室数は202室。テラスカフェ、鉄板焼きも備える。開業は3月16日を予定。

 商業施設には、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行、サクラインターナショナルスクール(保育施設)のほか、「MASHU」(美容室&ネイル)、「LACOSTE」(ブティック)、「EXELCO DIAMOND」(宝飾)、「bise bise」(脱毛サロン)、「そばよし」「博多一風堂」(飲食)などが出店。オープン時期は、それぞれ異なる。

 施設名の「nini(ニニ)」は、この場所で出会った人への「Nice to meet you.」、この場所から出発する人への「Have a nice day.」にある2つの英単語「nice」の「ni」を反復させた造語。

 あべの筋に面する3階・4階の東側壁面には、前衛芸術家・草間彌生さんの壁面アート作品(約300平方メートル)を設置し、バレンタインデーの2月14日に公開予定。

 阿倍野地区は昨年4月、商業施設「あべのキューズタウン」(あべのマーケットパーク キューズモール、ヴィアあべのウォーク)がオープン。2014年春に、地上約300メートルの日本一高いビル「あべのハルカス」の開業が控えている。