食べる

阿倍野「ジェラート屋オオジ」が1周年 記念企画でフリーマーケットも

「ジェラート屋オオジ」1周年記念のビーツのジェラート

「ジェラート屋オオジ」1周年記念のビーツのジェラート

  •  

 阿倍王子神社近くにある「ジェラート屋オオジ」(大阪市阿倍野区王子2)が6月10日、開業1周年を迎えた。

近隣の店主が協力するフリーマーケット

 17日まで「1周年企画」を開催。新味のビーツのジェラートやオリジナル保冷バッグの販売、フリーマーケット、ウワグチタカキヨさん(うさぎとぼく店主)のミニ写真展を行う。フリーマーケットは、普段から交流のある近隣の店主らが私物を提供している。

[広告]

 同店は2017年6月、店主の脇正則さんの妻がジェラート職人であることから開業。「素材の味がするジェラート」をコンセプトに、旬の果物や野菜を使用した自家製を販売する。席数はソファー3席、カウンター3席。店舗面積は4坪。

 メニューはシングル、持ち帰り用カップ(各350円)、ダブル(450円)、トリプル(550円)、ジェラートサンド(350円)、パフェ(550円)など。種類はミルク、チョコレート、イチゴ、バナナ、ミント、カフェラテ、ココナツなど常時10種類、持ち帰り用20種類を用意する。ほかにも、直径15センチケーキ(3,700円)は1週間前からの予約で販売する。ドリンクは、コーヒー、紅茶(各350円)、赤・白ワイングラス(600円)、「ジェラペチーノ」(550円)など。

 脇さんは「これからモモや完熟ウメも出てくるので、楽しんでほしい。それ以外にもリキュールを使ったジェラートにも挑戦したい」と話す。

 営業時間は11時~21時。火曜定休。