天王寺動物園で「春のナイトZOO」 家族連れでにぎわう

アフリカサバンナゾーンのライオン

アフリカサバンナゾーンのライオン

  •  
  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で3月25日、開園時間を延長して夜の動物を観察できるイベント「春のナイトZOO」が開かれた。

【動画】天王寺動物園「春のナイトZOO」

 同園のナイトZOOは2015年に初開催して以来、度々開かれて毎回多くの人が来園する人気イベント。今回は4日間開催でこの日が3日目。「EARTHHOUR(アースアワー) 2018 ~灯(あか)りを消して、この星の未来を想(おも)う60分~」とコラボレーションし、アフリカサバンナゾーンなどをテーマカラーの青色にライトアップする。1月25日に死んだアジアゾウのラニー博子の寝室開放も行い、在りし日の映像を上映する。

[広告]

 この日は春らしい陽気で家族連れを中心に多くの人が訪れ、アムールトラのガイド、アイファー(爬虫(はちゅう)類生態館)ガイド、テンジクネズミなでなでタイムなどのイベントを楽しんだ。

 3月31日にも開く。当日の開園時間は9時30分~20時(通常は17時まで)。入園料は、大人=500円、小中学生=200円。未就学児、大阪市内在住・在学の小中学生、大阪市内在住の65歳以上無料。

  • はてなブックマークに追加