あべのハルカスに地上300メートルの断崖絶壁アトラクション誕生へ

EDGE THE HARUKASのイメージ

EDGE THE HARUKASのイメージ

  •  

 日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)の展望台「ハルカス300」に3月7日、断崖絶壁スリル体験アトラクション「EDGE THE HARUKAS(エッジ・ザ・ハルカス)」がオープンする。

あべのハルカスの最頂部に位置する「EDGE THE HARUKAS」

 これは地上高さ300メートルの同ビル最頂部となる外周ガラスの上部に新設した幅約60センチ、長さ約20メートルのデッキ上で命綱を装着して歩くスリル満点のアトラクション。体験時間は約7分間。アトラクション上で記念写真の撮影も行う。同ビルを運営する近鉄不動産によると、屋外でこのような高さから真下に見下ろせるアトラクションは日本初という。

[広告]

 2月13日、同アトラクションを実写した動画「日本初!断崖絶壁スリル体験 ~感じるのは、恐怖か、興奮か~」が公開された。

 実施時間は10時~18時。料金は1,000円(記念写真1枚・データ料金含む、展望台の入場料別途要)。身長145センチ以下または200センチ以上の人は参加不可。雨天時などで中止の場合有り。