あべのハルカス近鉄本店で初売り 開店前に6500人

初売りの開店前に行列(あべのハルカス地下1階時計の広場で9時ごろ)

初売りの開店前に行列(あべのハルカス地下1階時計の広場で9時ごろ)

  •  
  •  

 日本一高いビル「あべのハルカス」(大阪市阿倍野区)内の百貨店「あべのハルカス近鉄本店」で1月2日、初売りが行われ、福袋やバーゲン目当ての客が行列をつくった。

行列ができた近鉄線改札前正面口

 同店は化粧品、婦人服、子ども服など約6万個のブランド福袋を販売。1万円以上の近鉄ギフトカードが当たる「開運1万円くじ」なども用意した。

[広告]

 この日は開店前に約6500人(同店発表)が並び、開店時間を15分早めた。開店後は目当ての売り場に駆け込む様子が見られた。広報担当者によると2日だけで20万人の来店を見込むという。

 6時半から並んだという女性は「婦人服と子ども服の福袋が目当て。カイロをしたり万全の態勢で来た」と話していた。

  • はてなブックマークに追加