3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

阿倍野に「ファーストキャビンステーション」 夜行列車の個室をイメージした新ブランド

夜行列車の個室をイメージしたファーストクラスキャビン

夜行列車の個室をイメージしたファーストクラスキャビン

  • 154

  •  

 天王寺駅近くに10月28日、キャビンスタイルの簡易型ホテル「ファーストキャビンステーション あべの荘」(大阪市阿倍野区松崎町2)がオープンする。

「トワイライトエクスプレス」の内装を再現したトワイライトツイン

 ファーストキャビンステーションは、夜行列車の個室をイメージした新ブランドで同施設が1号店となる。JR西日本の福利厚生施設だった旧安倍乃荘(阿倍野松崎町NKビル)をリノベーションした。キャビンは、1人利用の「ファーストクラスキャビン」(1泊6,900円)と「ビジネスクラスキャビン」(同5,900円)があり、施錠可能で2人利用可能な部屋も用意する「プレミアムクラス」(シングル1泊1万2,000円、ダブル1万4,000円、ツイン1万6,000円)。

[広告]

 プレミアムクラスでは、寝台列車「トワイライトエクスプレス」の内装を再現したコンセプトルーム(トワイライトシングル1万6,000円、トワイライトツイン2万4,000円)も2室用意。照明器具と絵は実際に使われていたものという。

 フロア構成は1階が女性、2階が男性、3階がプレミアムクラスでセキュリティーゲートを設置する。ビジネスクラスが101(男74、女27)、ファーストクラスが11(男3、女8)、プレミアムクラスが17(シングル7、ツイン3、ダブル7)の計129キャビン。ラウンジや大浴場も設けるほか、以前からあった庭園も活用する。

 運営するJR西日本ファーストキャビン(東京都千代田区)は、JR西日本と飛行機のファーストクラスをイメージしたスタイルのコンパクトホテルを展開するファーストキャビンとの合弁会社で、今年1月に設立された。JR和歌山駅近くに「ファーストキャビンステーション和歌山駅」の開業も予定する。

 今月25日には記念セレモニーも開いた。JR西日本ファーストキャビンの来海忠男社長は「コンパクトだけどラグジュアリーな空間を徹底的にお客さまに提供しようというグランドコンセプトはファーストキャビンと同じ。ファーストキャビンステーションは5年で30店舗を目指す」と話す。

  • はてなブックマークに追加