天気予報

28

22

みん経トピックス

大阪で「飛び猫」写真展ハルカスに恋人の聖地記念碑

新世界で歌謡ショー復活 新劇場「シアター朝日」で初公演

新世界で歌謡ショー復活 新劇場「シアター朝日」で初公演

シアター朝日で初公演

写真を拡大 地図を拡大

 新世界に新たな劇場「シアター朝日」(大阪市浪速区)が誕生して12月23日、開業記念の初興行「年忘れビッグ歌謡ショー」が開かれた。

通天閣のおやゆび姫こと吉野悦世さん

 新世界では2013年、通天閣の地下で1989年から定期的に開かれていた「通天閣歌謡劇場」が終了した。以降は歌謡ショーは行われてなかった。シアター朝日は映画館「新世界日活」を閉鎖して開設。椅子を入れ替え、ステージを新設するなどの改装を行った。

 当日は通天閣歌謡劇場に出演経験のある演歌歌手など14組が出演。同劇場から誕生した昭和歌謡を歌うアイドルユニット「あさひめ」も初披露された。2回の公演が行われ、初回は立ち見客が出るほどの盛況だった。

 通天閣のおやゆび姫こと吉野悦世さんは「感極まった。久々の感覚。通天閣歌謡劇場で歌っていた時と同じでお客さんが温かい」と話す。同劇場を経営する橋本土地興行の橋本芳子社長は「無事に初日を迎え、たくさんの人が来てほっとした」と話し、「演劇、寄席などさまざまなジャンルの人に使ってほしい」と呼び掛ける。

 同劇場は今月24日にも同興行、来年1月2日~4日には「こけら落とし新春歌謡ショー」(1日2回公演)を予定する。入場料は2,000円(前売り1,500円)。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

「辻調グループ」が運営する洋菓子店「P.L.T.(パティスリー・ラボ・ツジ)」(大阪市阿倍野区)が9月19日から、鳥取県若桜町の特産品「夏いちご」を使った菓子を期間限定で販売する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング