新世界に「キン肉マン」の等身大オブジェ復活 スパワールドに5体

(左から)キン肉マン、テリーマン、アシュラマンの等身大オブジェ

(左から)キン肉マン、テリーマン、アシュラマンの等身大オブジェ

  •  
  •  

 スパワールド世界の大温泉(大阪市浪速区)で11月27日、「新世界100周年キン肉マンプロジェクト」で制作した等身大オブジェ5体の展示が始まった。

ウォーズマン、ロビンマスクの等身大オブジェ

 新世界は2012年、初代通天閣が立っていた新世界の基となる遊園地「ルナパーク」から数えて100周年を迎えたことで、記念イベントなどさまざまな企画を展開。大阪出身のゆでたまご原作の漫画「キン肉マン」を公式キャラクターに起用し、今年8月まで同プロジェクトを展開した。等身大オブジェ、通天閣のキン肉マンミュージアム(現在はアーカイブコーナーとして存続)やスタンプラリーなどのイベントで全国から多くのファンが訪れた。

[広告]

 等身大オブジェは、同プロジェクトで制作して新世界に点在していた「キン肉マン」「テリーマン」「ロビンマスク」「ウォーズマン」と、スパワールドが用意した「アシュラマン」の計5体。8月に行われたグランドフィナーレイベントで、新世界と作者との「友情パワー」によりプロジェクト終了後も等身大オブジェを展示することを発表していた。

  • はてなブックマークに追加