天気予報

10

5

みん経トピックス

ハルカスで成人の日イベントキン肉マンのオブジェ復活

通天閣のネオンがクリスマス仕様にライトアップ モミの木イメージ

通天閣のネオンがクリスマス仕様にライトアップ モミの木イメージ

通天閣のネオンがクリスマス仕様にライトアップ

写真を拡大 地図を拡大

 通天閣(大阪市浪速区)で12月1日、夜間に点灯するネオンがクリスマスバージョン(通称=ツリー天閣)になった。

新世界のシンボル「通天閣」

 LED約2万個で塔全体をクリスマスツリーのモミの木(青緑色)をイメージして演出。青・赤・緑などの光も所々に点灯する。同塔のネオンは1957(昭和32)年に始まり、多くの観光客が写真に収める大阪の象徴的な存在になっている。

 ネオンは、1月~2月は雪をイメージした白色、3月~4月は桜をイメージした桜色、5月~6月は若葉をイメージした緑色、7月~8月は海・空をイメージした水色、9月~11月は稲穂をイメージした金色に、それぞれライトアップしているほか、啓発運動のシンボルカラーにライトアップすることもある。

 点灯時間は日没~23時。クリスマス仕様は12月31日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

あべのキューズモール(大阪市阿倍野区)4階のデラソウルシャルボンで3月30日から、「名探偵コナンカフェ2018」が期間限定で開催される。(写真=APTX4869カレー)©青山剛昌/小学館・読売テレビ・TMS 1996 ※画像はイメージ
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング