3密を避けて新しい生活様式へ!

天王寺動物園でホッキョクグマ「ゴーゴ」壮行会-繁殖目的で和歌山へ

好物のシャケを食べるゴーゴ

好物のシャケを食べるゴーゴ

  • 0

  •  

 天王寺動物園(大阪市天王寺区)で3月1日、アドベンチャーワールド(和歌山県)へ3月2日に出園するホッキョクグマの「ゴーゴ」(雄、10歳)の壮行会を開いた。

コイをくわえるゴーゴ

 ゴーゴは2006年、豚まんで知られる「蓬莱」(浪速区)が寄贈し、同社の店名「551」が名前の由来になった。同園で唯一着ぐるみが誕生するなど人気者になっている。ゴーゴのお嫁さんとして2011年に来園した「バフィン」(雌、23歳)との間には昨年11月、待望の赤ちゃんが誕生した。

[広告]

 ゴーゴのアドベンチャーワールド出園は、日本動物園水族館協会のホッキョクグマ繁殖計画に基づき動物園同士が繁殖を目的に動物を貸し出し、借り入れする契約「ブリーディングローン」で行うもの。アドベンチャーワールドの「オホト」(雌、23歳)との繁殖を目指す。貸出期間は1年を予定する。

 当日は蓬莱の田中一昭常務や動物園関係者が出席。雨が降る悪天候にも関わらず多くの来園客が集まった。田中常務はゴーゴに向かって「幸せがいっぱいあるとき! しっかりしたええ子ども、頑張ってくるように。楽しみに待っている」と話し、好物のシャケを与えた。飼育スタッフは「ゴーゴを送り出すことは悲しい部分もあるがうれしい。立派な雄になった証拠」と話した。

 ホッキョクグマ舎はゴーゴの出園後、バフィンとの間にできた赤ちゃんの公開準備で清掃などを行うという。