四天王寺で「万灯供養法要」始まる-ろうそく1万本に灯がともる

ろうそく1万本に灯がともった四天王寺

ろうそく1万本に灯がともった四天王寺

  • 0

  •  

 四天王寺(大阪市天王寺区四天王寺1)で8月9日、お盆行事の「万灯供養法要」が始まり、ろうそく約1万本に灯がともされた。

四天王寺でお盆の恒例行事「万灯供養法要」が始まった

 万灯供養法要は、同寺の中心伽藍内(五重塔や金堂のあるエリア)にろうそく立てを設営し、参拝者が先祖の名前を記入して供養するもの。平安時代から続いているという。

[広告]

 当日は多くの人が集まり、夕方にはろうそくに灯がともされた。数回行われる法要では僧侶数人が般若心経を唱(とな)えながら練り歩き、その後に参拝者が続く光景が見られた。

 今年は暑さ対策に人通りの多い中心伽藍の入り口と極楽門にミスト散布の機械も導入した。

 開催時間は18時~21時(15日のみ22時まで)。今月16日まで。

 点灯時間、スケジュールなどの詳細は同寺ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加
Stay at Home