3密を避けて新しい生活様式へ!

通天閣に渋谷天外さん、藤山寛美さんの孫-「松竹新喜劇」公演成功祈願で

ビリケンさんの足の裏をなでる藤山扇治郎さん(左)、渋谷天外さん

ビリケンさんの足の裏をなでる藤山扇治郎さん(左)、渋谷天外さん

  • 0

  •  

 通天閣(大阪市浪速区恵美須東1)展望台で11月6日、渋谷天外さん、藤山扇治郎さんが大阪松竹座(中央区)で今月9日~24日に開かれる劇団創立65周年記念「松竹新喜劇特別公演」の成功を幸福の神様ビリケンさんに祈願した。

通天閣観光の西上社長扮(ふん)するビリケンさんの化身も登場

 展望台で同劇団の座長・渋谷さん、藤山さんがビリケンさんの足の裏をなでて、ビリケン絵馬に願い事を書くなど公演の成功を願ったほか、新世界で人力車に乗ってPR活動も行った。

[広告]

 藤山さんは昭和の喜劇王と呼ばれた藤山寛美さんの孫で今回の舞台で同劇団に加入。幼少より日舞、小唄を習い6歳の時に歌舞伎座の「怪談乳房榎」で初舞台。大学卒業後は青年座研究所で演技を学び、テレビドラマなどにも出演している。

 渋谷さんは「稽古も佳境に入っている。お客さんの笑顔を待つだけ。こな損でっせ」、藤山さんは「通天閣は初めて。必ずお客さんに喜んでもらえるよう頑張る」とそれぞれアピールした。

 公演は藤山寛美さんの当たり役・丁稚・三太郎を扇治郎さんが演じる「お祭り提灯」(昼・夜)。「堀江川」(昼)、「裏路地」(夜)。1等席=1万円、2等席=6,000円、3等席=4,000円。ホームページなどで予約を受け付けている。